カードローンの借り換え方法とは?

カードローンの借り換え?銀行おまとめローンを活用しよう


カードローンの借り換えをする目的は、金利を引き下げて利息を減らすことにあります。
今よりも低金利で借入できなければ、借り換えするメリットはほとんどありません。
カードローンの場合、1%程度しか金利が変わらないのであれば無理に借り換えする必要はありませんが、3%程度の差になると無視できません。
借入額にもよりますが、借入が大きくなるほど金利が利息に反映されてきます。
借入額の差が10倍になると利息の差も10倍となるので、高額の借入をしている方なら1~2%程度の金利差でも乗り換えるメリットはあると言えます。
カードローンは早く返済をするほど利息を抑えられるので、そのためにも低金利ローンに乗り換えて短期返済を目指しましょう。。
借り換えローンガイド


ローンを利用するなら、とりあえず利用額と月々の返済額に気をかけながらざっくりとした収支予定を作りましょう。キャッシングを借りていて、返済が完了する時期、利息の総合計を正確に計画している人は少ないでしょう。

通常はカードローンの契約では自宅に明細が届きますが、スマホなどで郵送物無しで家族にバレずに利用できるカードローンもあります。カードキャッシングの返済不履行や自己破産などで信用情報機関のブラックリスト入りすると数年間は新たなキャッシングができません。

キャッシングの審査を受けるには、健康保険証や源泉徴収票などが必要ですので、あらかじめ揃えましょう。スムーズに審査を受けられるでしょう。消費者金融の金利は融資限度額に応じて決められますので百万円ほどであれば年率10%以上もかかります。

前の記事