カードローンの借り換え方法とは?

カードローンの借り換え?銀行おまとめローンを活用しよう


複数のカードローンを組んで返済に悩んでいるという人は、借り換えを考えてみましょう。カードローンの借り換えをすることによって、場合によっては金利を減らすことができるといったメリットがあります。通常、カードローンという金融商品では、50万円未満という少額の融資が行われるようになっています。金利については17%以上といったように、高く設定されていることが一般的です。たとえば緊急に150万円が必要となり、3社から50万円ずつカードローンを組んだとすると、利息は年利17%として、単純計算でも年間で85,000円発生することになります。



しかしながら、カードローンは信用力があれば、融資額を拡大してもらうということもできます。たとえばカードローン会社に信用力と返済能力が高いと判断してもらうことができれば、最大融資額を50万円から150万円まで拡大してもらうといったこともできます。金利というものは基本的に、融資額が大きくなればなるほど下がるという性質があるため、150万円をひとつのカードローンにまとめて組むことができれば、たとえば年利15%などといったように低金利で借りることができるという可能性もあります。



つまり、カードローンの借り換えが可能であれば、3社から50万円ずつを年利17%で借りるよりも、1社から150万円を年利15%で借りる方が、総返済額は少なくなるということになります。カードローンを借り換えてまとめようというのであれば、できるだけ金利が低いカードローンを選ぶことがポイントになります。



前の記事