カードローンの借り換え方法とは?

カードローンの借り換え?銀行おまとめローンを活用しよう


カードローンの借り換えとは、金利の高い複数のカードローンを組んでいる場合に、金利の低いひとつのカードローンにまとめることをいいます。具体的には条件の良いカードローンをあらたに組んで、その資金をもとにして、これまでに組んでいたカードローンを一括返済することをいいます。こうすることによって、支払う予定だった利息の額を減らすことができるため、総返済額を抑えることができるといったメリットがあります。



たとえば年利が17%となっている3つのカードローンを組み、それぞれで5万円ずつ合計15万円を借りていたとすると、支払う利息は年間でそれぞれ8,500円、合計が25,500円となります。この場合、1年間で返済したとすると、総返済額は175,500円となります。実際には月々の分割返済などによって、年間で支払う利息の額は25,500円になるとは限りませんが、単純計算で25,500円を支払うと仮定します。



そして借り換えでは、15万円をまとめて、年利15%のカードローンをあらたに組み直すとします。すると支払う利息は年間で22,500円となり、1年間で返済した場合の総返済額は172,500円ということになります。つまり、カードローンの借り換えをしたことによって、支払う予定だった利息を3,000円減らすことができるということになります。こうした点からも借り換えは、複数のカードローンを組んでいる人にとってメリットの高いものであるということができます。

前の記事